カードローンは怖いもの?

コンビニATMやインターネットなど、現代人にとっては非常に身近なものを利用してカードローンでお金を借りる人は多いですが、一方で「お金を借りる」と言う行為そのものに漠然とした不安を持っている人も少なくありません。

カードローンと聞くとそれほど悪いもののようには思えませんが、突き詰めると結局は借金なので、度が過ぎると過激な取り立てを受けるのではないか、生活が成り立たなくなるのではないかと不安に思うのは、しごく真っ当な感覚と言えるでしょう。 ここではカードローンに関する法律について解説していきます。

借り過ぎ・貸し過ぎを防止する総量規制

「総量規制」が導入されてから、カードローン利用者への貸し過ぎが規制されるようになりました。これは借り入れ残高が年収の三分の一を越えている場合は追加で借り入れを行うことができないと言う規制です。

分かりやすく説明すると、年収300万円の人が貸金業者から借り入れをできる条件は100万円までと言うものです。複数の貸金業者から借り入れをしている場合は、借り入れ額の合計で判断されるため、一つ一つは小さな金額でも複数の貸金業者で借り入れをしている場合は新規や追加での借り入れはできない可能性があります。

また、借金と言うと押し掛けや暴力が伴う過激なイメージが強いですが、現在はこのような取り立ては処分の対象となるため、心配いりません。このような取り立てを行われた場合は損害賠償を請求することができるケースもあります。