テレビCMや広告で宣伝がされているのでカードローンを知らない人は滅多に居ませんが、一方でカードローンが具体的にどのようなものであるかを説明できないと言う人も一定数います。カードローンと一般的な借入はどう違うのでしょうか。

担保がいらないカードローン

カードローンの最大の特徴は、担保がいらないと言う点です。一般的には、お金を借りる時には支払えなかった時のことを考えて家や車などを担保にしますが、カードローンの場合はこの担保を設定する必要がありません。

さらに保証人も不要な場合が多く、基本的に自分一人で借入を行うことができます。

カードローンは使途が自由である

ローンの中には住宅ローンや自動車ローンなど様々なものがありますが、住宅ローン・自動車ローンなどは使途が限定されるのに対し、カードローンの場合は基本的に使途が自由なので、交際費であったり生活費にあてることができます。

この点において、カードローンはフリーローンとよく似た特徴を持つローンのように思えますが、フリーローンの借入は1回のみで追加融資を受ける場合は再度申込みをした上で審査を受けなければならないのに対して、カードローンは限度額の枠内であれば繰り返し利用が可能と言う特徴を持っています。

またフリーローンでは、使途が自由とは言えどのような商品の購入やサービスに利用するのかの証明をしなければならないケースもありますが、カードローンでは使途確認は一切行わないため、とても手軽です。