おまとめローンとは、複数の会社から借りている借金を一社にまとめることです。複数の会社の借り入れ金額を全て返済できるだけの金額を一社から借りることで、借金を1本できます。これにより複数会社に支払っていた利息も一社分にまとめることができるので、毎月の支払い金額を大幅に減らすことができます。また、毎月の引き落としが一社にまとまるので返済も気軽に行えるようになるでしょう。そのため、複数の会社から借り入れをしている人がおまとめローンを行うことが増えてきました。

以前まではおまとめローンは銀行系カードローンが行っているサービスでしたが、消費者金融でも取り扱うようになっています。このおかげでおまとめローンを考える人も増え、毎月の負担を減らすように考える人がどんどん多くなりました。

おまとめローンで本当に利息は減るのか

たとえば、一社から50万円、1社から20万円、1社から30万円のトータル100万円を借り入れしていたとします。一社ごとの利息は全て18パーセントです。

これを年利が15パーセントの消費者金融に切り替えることで、100万円の利息は全て15パーセントになるのです。たった3パーセントと思ってしまうかもしれませんが、年利3パーセントで100万円の借り入れとなると年間で数万円利息が下がることとなります。

もちろん毎月決まった金額の返済になる、返済が月に一度で済む、というメリットも大きいのです。

おまとめローンで注意をするべき点

おまとめローンは確かにメリットが沢山ありますが、注意をするべき部分がいくつかあります。

まずは審査に関してです。全ての借り入れを完済できるほどの金額を一社から借りることとなります。そのため、審査はずっと厳しくなるでしょう。

過去に消費者金融を利用したときよりも年収があがっている、審査に受かりやすい状況になっている等であれば問題ないかもしれませんが、審査に落ちる可能性も十分に考慮をして申し込みをしましょう。

他社から借り入れをしている、複数の借り入れがある、という点も審査を受かりにくくする状態となってしまっています。

続いて金利に関してです。

せっかくおまとめローンをしたのに金利がそこまで減らなかったという人は意外と多いものです。おまとめローンでのメリットを十分に受けるためには金利が安い会社を選ばなければいけません。

借金を1本化する、毎月の返済を一社に絞る、ということはできたとしても、現状よりも低い金利でおまとめローンを組むことはなかなか難しいことなのです。